40肩,50肩でお悩みなら|女性専用 銀座スッキリ整体サロン

sijyukata

sijyukata

肩が痛くて上がらない、手が後ろに回せない、痛くて夜も眠れない… 大変な思いをしていませんか?40代~50代の女性に多い「四十肩、五十肩」かもしれません。
当サロンでは、四十肩、五十肩でお悩みの方が、なるべく楽に過ごせる様に、それぞれの方の状態や段階に適した施療で、丁寧に対応しています四十肩は肩回りの関節部分の炎症であり、筋肉のコリではありませんので、整体であっという間に治る事はありません。患部を揉んだり指圧したりする事で、炎症が悪化しますので、痛いのを我慢してマッサージ等を受けるのは止めましょう。
痛い事により、炎症部位につながるあちこちの筋肉が緊張して、痛みを広げたり、関節のバランスを崩している事が多いので、緊張をゆるめる事で、かなり楽になります。
中には、腕や腕の付け根のコリを四十肩と思いこんでおられる方もいらっしゃいます。「腕の付け根が痛い、腕の動きが悪い、何かただのコリでない痛みだな!何だろう!?」と思ったら、悩んでないで、ぜひ一度お越しください。

次に、四十肩、五十肩がどんなものなのか、そして自宅での対処法についてお話しします。

四十肩、五十肩ってどんな症状?

肩回りの周囲のどこかが痛くて辛くなります。原因や場所が一定でなく、総称として、「肩関節周囲炎」と言います。関節や関節回りの腱などが炎症を起こしたり、劣化したりして、神経が興奮している状態です。
原因は、老化が関わっていますが、そのメカニズムは具体的にはまだわかっていません。ですから、運動不足の人がなるとも言えず、しっかり運動していてもなる人はなるのです。
筋肉のコリとは別ものなので、痛いのを我慢して関節を動かしたり運動したりする事は、ますます炎症を悪化させる原因にもなるのでやめましょう。

3つの段階があって、それぞれ対応の仕方が違う!?

1、急性期(2週間から2ケ月ぐらい)

炎症を起こしている時で、激しい痛みがあります。ひどい人は、じっとしていても痛い、夜も痛くて眠れないといった状態です。
対処法としては、なるべく患部を温めない。お風呂に使って温めるとますますひどくなります。冷やすのはOKですので、湿布や氷枕などで冷やすと楽になります。
痛いのに無理して動かしたり、マッサージしたりする事はますます炎症を長引かせるのでNG。安静が一番です。痛くて眠れない時は、腕を折り曲げて手のひらをお腹の上に置き、肘の下にクッションなどを敷いて、肩が下に落ちない様にします。
生活に支障が出る様な時は、整形外科に受診して、痛み止めなどを処方してもらいます。

2.慢性期(2ケ月から4か月ぐらい)

炎症が治まり、激しい痛みは治まったけど、動かすと痛い状態です。この時期は、冷やすのではなく、お風呂などで温めた方が回復しやすくなります。この時期からは、痛くない範囲で腕回しや腕をぶらぶらさせたりして、積極的に腕を動かす事が大切です。動かさないでいると、そのまま固まって動きが悪くなる事があります。

3.回復期(3か月~6カ月)

痛みはないけれど、可動域に制限が残る時期です。期間は半年位から2年位と、人によってまちまちです。
この時期には、痛みはなくなるので、動きの悪い部分を、痛くない範囲で積極的に動かして可動範囲を広げる事が大切です。
また、この時期は、長い間、筋肉が緊張して負担がかかっていた事で、患部が治って関節の可動性は回復しても、筋肉が固まって痛みや動きの悪さを感じる事があります。当サロンにも、「何年も四十肩が治らない」と悩んでいる方が多く見えますが、ほとんどは、筋肉のコリによるもので、しっかりほぐすと痛みや可動域の制限がすっかりなくなります。

 

 

=====================================

地下鉄築地駅から徒歩3分 ●東銀座駅から徒歩2分
●銀座駅から徒歩8分 ●新富町駅から徒歩6分

当サロンの詳細は、ホームページをご覧ください。                                 ↓  

銀座スッキリ整体サロンホームページ

東京都中央区築地1-12-16-502
tel:03-6228-4130

10:00~22:00(お電話は9時から)
定休日:木曜日

女性専用

お気軽にお電話してください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA