膝痛にお悩みなら|銀座スッキリ整体サロン|女性専用&女性整体師

膝の内側が痛い。変形性膝関節症?。

最近膝が痛くて、膝に違和感が…という事ありませんか?
膝痛というと、「変形性膝関節症」を疑いますね。中高年(50歳以上)の膝痛の方のほどんどがそれだといわれています。膝関節の内側が痛くなり、酷くなると、だんだん痛みが増して行って、歩行困難になる事もあります。その時は、人工関節や、その他の手術が必要になります。初期症状は、膝に違和感を感じる、歩きはじめや階段、正座をすると痛い、などの程度ですが、その時にしっかりケアしていれば、重症化を避けられる可能性が高くなります。

膝のお皿の上が痛いのはどういう事?

当サロンに来られる方は、膝痛でも、「変形性膝関節症」でもない方が多いと感じます。変形性膝関節症の場合は、膝の内側が痛むのですが、膝のお皿の上側が痛い症状です。最近急に太った、出産後、身体の片側に負担が大きい、という方に多い様です。それは、何らかの原因で、太ももの筋肉のバランスが崩れて、前側の太ももの筋肉に負担が多くなり、膝のお皿が上の方に引っ張られて関節に歪みが出る事による痛みです。筋肉を充分緩めながら膝だけでなく全身を矯正をして行く事と、自宅での簡単なトレーニングで殆どの方は治りますので、悩んでないで、ご相談ください。
関節が歪んでいるので、そのままにしておくと、膝関節が不安定になって、軟骨がすり減り、変形性膝関節症に繋がる事もあります。

変形性膝関節症

症状はどういうの?

膝の関節の内側の軟骨の質が劣化して、少しずつすり減り、それに伴って膝に痛みが出ます。痛みは、膝の内側にでます。

初期症状は、

・なんとなく膝に違和感がある
・階段の昇り降りの時に痛い
・歩きはじめが痛い
・長く歩いていると痛くなる
・正座ができない

等です。

進行していくと

・歩くのが困難
・寝ていても、安静時にも痛い
・膝を完全に伸ばすことが困難
・O脚が進む
・膝に水が溜まる

状態になります。

 

原因は?

・老化

骨密度の低下、軟骨の老化ですり減り易くなる事。太ももの筋力の低下で、歩行時に膝への衝撃が直接伝わり膝関節の軟骨が傷みやすくなります。特に、女性は、女性ホルモンの減少により、骨密度や下半身の筋肉が少なくなるので、リスクが高くなります。

・肥満

太りすぎに注意すること。長い間、常に重い荷物を持っているのと同じ事なので、膝への負担が増します。

・O脚

O脚が長く続くと、立ったり歩いたりする際に膝の内側に負担が多くかかってしまい、内側の関節軟骨が部分的にすり減り、骨同士がこすれ合う状態になって痛みが現れます。また、生体の防御反応が働いて、骨が必要以上に硬くなり、こわばりが強くなります。

・運動不足

下半身の筋力が低下すると、足を着地した時に、膝関節に直接的な負担が多くなります。適度な運動をすれば、筋力維持につながるほか、血流がよくなり、膝の関節に栄養が行き渡りやすくなります。
筋肉をつけるにはスクワットなどの運動が有効。

*高齢の方、すでに進行している方

は、関節への負担が多くなり、ますます痛くなってしまう事があるので、医師や専門家と相談しながら進めます。

変形性膝関節症予防は?

「適正な体重をキープする」、「O脚を改善する」、「太ももの筋肉を衰えさせない」事で、膝への負担を減らす事。
初期症状が出た場合も、重症化させずに済むかもしれません。
いつまでも、自分の足で歩くために、日々のケアが大切ですね。

=====================================

地下鉄築地駅から徒歩3分 ●東銀座駅から徒歩2分
●銀座駅から徒歩8分 ●新富町駅から徒歩6分

当サロンの詳細は、ホームページをご覧ください。

               ↓  

銀座スッキリ整体サロンホームページ

東京都中央区築地1-12-16-502
tel:03-6228-4130

10:00~22:00(お電話は9時から)
定休日:木曜日

女性専用

お気軽にお電話してください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA